退屈だからブログ作ってみた

退屈健の退屈な日常です。「秒速で笑えるマンガ つぶやきGANMA!」さんで『タイクツくんDX』(http://tsubu.ganma.jp/taikutsukun/)を連載中!Twitter(@sentakubasami1)、Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100009952598773)もよろしくお願いいたします!

退屈だから隠れすぎてる隠れ家居酒屋「汁べゑ」に行ってきた

こんばんは。

 

先日、大学時代の友人と

f:id:taikutsu8823:20170821150445j:plain

渋谷の「汁べゑ」に行ってきました。

 

ここのお店、グルメサイトの口コミに

f:id:taikutsu8823:20170821163431p:plain

「初めての人99%見つけられないお店」とあるように

隠れ家風ではなくガチで隠れております。

 

f:id:taikutsu8823:20170821164212j:plain

ここがお店のあるビル「ダイネス壱番館」

階段を上がると

f:id:taikutsu8823:20170821164336j:plain

服屋が並んでいるだけなので気にせずこのまま直進。

途中左手にエレベーターも見えるので

これに乗るのかと勘違いしがちですがこれも関係ないのでスルーします。

 

すると、突き当たりの

f:id:taikutsu8823:20170821164643j:plain

薄暗くて少々不気味な空間に「汁べゑ」の看板が見えます。

そして、この誰も使ってない裏口みたいな扉

f:id:taikutsu8823:20170821164943j:plain

怪しげな案内が。

童話とかでこういう怪しい指示に従って進んでいくと大抵殺されるよね

この鉄扉を開けると、

f:id:taikutsu8823:20170821165123j:plain

外の渡り廊下に出ます。

そのまま案内通りに直進すれば、

f:id:taikutsu8823:20170821165546j:plain

無事到着!

と思ったら、「引く」とある扉が開かない。

お店は営業中のはずなのに…

 

上の画像にも写っている、自分の前を歩いていた方も汁べゑに初めて来たとのことで

「開きませんねえ」と一緒に悩んでいたんですが

f:id:taikutsu8823:20170821170259j:plain

こっちが入り口でした。

隠し通路の奥に隠し扉があるというなかなか難解な入り口。

扉は低い位置にあるので、少しかがんで入ることになります。

つまり要約すると汁べゑの入り口への行き方は

f:id:taikutsu8823:20170822143942p:plain

こんな感じ。

ゼルダの伝説の「ハートのかけら取り方ガイド」みたいになってますね。

これは確かに初見でスムーズに辿り着くのはなかなか難しそうです。

 

 

で、肝心の料理は凄く美味しかったです。

創作居酒屋というだけあって凝ったメニューが多くて面白い。

店員さんが元気で接客のノリが良いのもナイスですね。

f:id:taikutsu8823:20170822144619j:plain

目の前で炙ってくれる。

f:id:taikutsu8823:20170822144654j:plain

店員さんの合図でタイミング良くレモンを絞る、

というメイドインワリオ的なイベント

 

f:id:taikutsu8823:20170822144750j:plain

メニュー名を忘れてしまいましたがこれも凄く美味しかった。

 

ちなみに、入り口がこれだけ難しいのに

お客さんは常に満席状態で店内大賑わいでした。

自分たちもこの日は予約して行ったんですが、

席についている間にも空席確認と思しき電話がお店に何度もかかってきて

その度に店員さんが「現在満席です」と対応していたので、

もし行かれる場合は予約した方がいいと思います。

 

あと、どうでもいいかもしれないけど

目の前で料理していた店員さんが総合格闘家の堀口恭司選手に少し似ていたのも

個人的には超絶加点ポイントでした。

声というか、喋り方まで似てる。

 

 

渋谷で美味しい創作料理が食べたい方に是非オススメ。

 

ということで終わります。

ありがとうございました!